注文住宅 値段

はじめての人も安心! 気になる間取りや資金計画書を複数の会社が無料作成

簡単60秒オリジナル家作り計画書を取り寄せる

間取りとライフスタイル

 

注文住宅を作るとき、間取りを決めるときにはこれからの生活スタイルを頭の中でシュミレーションしてそれに馴染むものかどうかよく考えた方がいいと思います。

 

失敗談などをみると、営業さんにこう言われたけど、建築士の人に確認は取らなかった。

 

プランをみていいと思ってしまい実際にあてはめて考えていなかったということが多々あります。

 

 

営業さんはいろんな作業の橋渡しをしてくれますが、現場のことを詳細に把握しているわけではありません。現場を担当する責任者に説明してもらうことも大切です。

 

 

 

部屋の独立性や団らんの場を考える

 

 

例えば玄関の位置ですが、下の間取り図のように玄関の位置がはじにくるか真ん中にくるかでも、間取りはだいぶ違ったものになります。

 

   

 

 

リビングから和室まで開放的にしたい場合は玄関が真ん中ではない方が広い空間を確保できるし、お年寄りがいるからリビングと独立した静かな和室が一階に欲しいという場合は真ん中に玄関をおいてみるといいかもしれません。

 

 

また、2階に子供部屋を作るときも最初は遊ぶスペースをゆったり取りたいときは、後で間仕切りできるようにしておいてもらうと、子供たちが成長したときそれぞれ個室でプライバシーを守れる部屋が持てるので便利です。

 

 

収納の量と質

 

 

収納は、生活していく中で物が増えていく傾向があるので多い方がいいですが、収納部屋みたいなものを中途階に作るときは何をそこに置くかをシュミレーションした方が無難です。

 

中途階などの空間を利用した場合は天井が屋根裏部屋のように低くなることが多くて、大き目のものは入らなかったり出し入れしずらいことも多いからです。

 

 

又、子供部屋にロフトを作る予定なら、家具などの配置を十分シュミレーションしてからにしましょう。狭い部屋だとロフトのはしごが邪魔になることも多いです。

 

ロフトは部屋の階数(2階建て、3階建て)という階数制限に引っかからないように高さの制限があるので、天井が低いです。

 

また2階の部屋の上だと、暑くて使えなかったり、はしご使いだと掃除や品物の出し入れも不便でせっかく作ってもいまいちということになりかねません。

 

 

 

作る予定なら、よく建築士さんと相談してみましょう。

 

 

作り付けの収納は家具を減らすことができて便利ですが、住宅の工法によって作れるところや量に差があるようです。

 

でもできるだけ工夫して収納スペースをつくるといいと思います。

 

 

我が家は階段の二階廊下部分に本箱を作ってもらったのがことのほか便利でした。

 

 

 

暖房効率

 

 

見た目がすっきり広さを感じるものに吹き抜けがありますが、注文住宅の失敗例などをみると意外と多いのも吹き抜け部分だったりします。

 

開放的な心地よさはあるけれど、リビングなどに吹き抜けを使うとふつうの暖房器具を使っている場合は暖房効率が悪くなって高熱費などに跳ね返ってくるケースも多いです。

 

もちろん部屋の温まり方も違ってきます。

 

吹き抜けを必須にするなら全館床暖房なども視野にいれると、いいと思います。

 

ただ床暖房を取り入れるときは、夜や外出時に電源を切っておくと、つけたからといってすぐに暖かくならないということを知っておくべきです。

 

また暖房の仕様によっては、座って暖かいですが、ものを置いてあるとその下が熱を持ってしまうときもあるので、取り付ける場合は根ほり葉ほり施工業者から情報をしいれましょう。

 

費用も現在は電気式・温水式などの違いや設置面積などによって大きく違ってきます

 

 

お風呂場・キッチン・トイレの位置や採光

 

家の中でお風呂場の位置やトイレの位置は、各部屋ほどではないとしても毎日使うところなので、お年寄りの人や小さい子がいる場合は動線を考えてみましょう。

 

キッチンは主婦の人が長く作業する場なので、向きや動線をよくシュミレーションしてみましょう。

 

北向きのキッチンは、寒かったり採光がいまいちだったりするかもしれませんし、リビングとカウンターを挟んで対面キッチンなどは家族とコミュニケーションがはかれて楽しい反面

 

お客様があったとき、料理のにおいが気になったり、来客中はキッチンに入りずらくなったりすることもあります。

 

どんなライフスタイルかで、個々のおうちの要求するものは違うわけですから、工務店さんおまかせではなく自分でもいろいろ考えてみることが大事です。

 

 


はじめての人も安心! 気になる間取りや資金計画書を複数の会社が無料作成


簡単60秒オリジナル家作り計画書を取り寄せる