注文住宅 値段

はじめての人も安心! 気になる間取りや資金計画書を複数の会社が無料作成

簡単60秒オリジナル家作り計画書を取り寄せる

注文住宅の値段が高いからといってコストカットのしすぎに注意

注文住宅,値段,相場,適正,価格

 

コストカットのしすぎに注意

 

大きな買い物をする時には、だいたい値下げ交渉のチャンスがあります。
もちろん金額が少ないものでも交渉の余地はありますが、
土地や自動車などに比べれば下がる金額はそれほど大きくありません。

 

 

 

そしてそれは、注文住宅を購入する場合にも同じことが言えます。
家を買うことは、人生の中でも一大イベントの一つです。

 

 

 

もちろん人によってはそうでないかもしれませんが、
まずたいていの人は何度も買い換えるようなことはありません。そして注文住宅ともなると、
1,000万円以上のお金を使うことになるのですから、できれば安くしたいと考えたくなります。

 

注文住宅で値下げできる要素

 

それでは注文住宅で値下げできる要素としては、どんなものがあるのかということになります。
まず使用する材料やパーツを安価な代替品にする。次に人材費や材料をカット。
そしてメーカー側が利益率を下げることに期待する。これらが代表的な要素です。

 

 

 

安価な代替品にしてもらうのは、自信が納得できれば問題ありません。
利益率を下げてもらうのは、こちら側から頼むだけなので後はメーカー次第です。
ここで問題なのは、人件費と材料のカットです。これは大きな不安要素になります。

 

注文住宅,値段,相場,適正,価格

 

いくら値下げをしてもらいたくても、あまり無理を言ったらこういうところからカットされて、
不安の残る住宅ができあがってしまいます。

 

 

 

無理な交渉を続けるのではなく、内容を見直すことによって無理なくコストカットを
できるのかどうか相談してみるのも1つの方法です。長く住むことになるのですから、
できるだけ不安のない家を建ててもらえるようにしましょう。

 

 

 

>>>注文住宅の値段からローンの頭金について考えよう


はじめての人も安心! 気になる間取りや資金計画書を複数の会社が無料作成


簡単60秒オリジナル家作り計画書を取り寄せる